旧アドレス時代のアクセス上位記事

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

【L】レバレッジ投資実践日記の管理人エルです。

独自ドメインを取得しWordPressでブログを書くようになってから3ヵ月が経過しました。

アドレスが変わってから、ブログ更新の頻度を高めているため、こちらで書いた記事は既に90近くとなりました。

記事の数は増えても、アクセス数自体は頭打ち。これは何度か書いていますように、アドレス変更後に「検索」経由でブログに来てくれる読者の数が減っているためです。(旧アドレスで書いた記事の数は1600近くもありますので、ある意味当然ですが)

そこで、旧アドレスの時にどんな記事がアクセスが多かったのか、改めて確認してみました。月次ではなく、通算アクセス数のチェックです。

結果は予想どおりでした。

第4位

【読書メモ】貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい 内藤忍

この記事では、珍しく本の批判をしました。最近、著者が広告塔になっていたワインファンドの運営会社が投資家に不利益となる行為を行っていたことが判明し破綻しました。本の売り上げを減らす効果は大きく、被害者を少しは減らすことに間接的に貢献できたと自負しています。

第3位

鎌倉投信に受益者の一人として申し上げたいこと

これも、鎌倉投信にとっては「嫌な」指摘だったかもしれません。本投稿後、当社はしっかりと受益者への説明を従来よりも念入りにすぐ行ってくれました。一方的ではない「双方向」の対話ができたことは良かったと思っています。

第2位

オススメ投資本10冊(中級・上級者編)

2013年1月に書いた記事。我ながら、よいセレクションだと今でも思います。ここで挙げた本は、全て読んで損はしないと思います。

第1位

オススメ投資本10冊(初級者編)

そして、堂々第1位に輝いたのが、主に投資の初級者を念頭に書いた「オススメ投資本10冊」を紹介する記事です。「中級・上級者編」よりも前の2012年12月に書きました。

この記事は、今も「投資本」を中心とする検索ワードで、継続的に弊ブログにたどり着き読まれています(そして、大変多くの本が当ブログ経由で売れています。)ただし、こちらのセレクションについては、今日的に見直しが必要だと認識しています。

暇になったら、手をつけますね。何度も言っている気がする(笑)。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。