2016年6月に読まれた記事

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

2016年も6月が過ぎて、今年の上期もあっという間に終了しました。

6月も何をしてたっけ?という感じですが、ブログについては恒例の記事で振り返りたいと思います。

6月は以下の記事がアクセス数(多くはないですが)を集めました。

<【L】レバレッジ投資実践日記 人気記事ランキング(2016年6月)>

第10位

「インサイド・ジョブ」は絶対一度は見ておくべき映画

・サブプライムローン・リーマンショックに関するドキュメンタリー映画をご紹介しました。経済や社会は「人間」が作っていることを実感できます。

第9位

日経平均15,500円割れの中「ひふみ投信」にスポット投資

・まぁ、悪くない水準での投資だと考えています。

第8位

資産運用はあくまで「我流」にこだわる

・ブログ読者の方へは、ことさら強調する必要はないかもしれませんが、他人の意見を鵜呑みにせず、自分の頭でしっかりと考えて、常にベストを目指しています。

第7位

個人向け国債は「生活防衛資金」ではない。

・個人向け国債は無リスク資産扱いで、一定額確保していますが、相場の状況によってはリスク資産に投入します。

第6位

個人向け国債(10年変動)を一部売却します。

・残りも7月中旬以降、1年経過に伴い売却可能となります。

第5位

米国個別株の保有はこの10銘柄

・この記事を書いた後で、バークシャー・ハサウェイを売却する一方で、3M(MMM)、フィリップ・モリス(PM)、ペプシコ(PEP)に新規投資。株主である喜びを感じることができます。

第4位

ディフェンシブな米国株ポートフォリオ

・「守り」に強く、しかも、中長期的には右肩上がりの株価上昇が期待できる企業に投資しています。

第3位

英国の国民投票(EU離脱)の資産運用に対するインパクト

・その後、株価に関しては急速に戻していますね。マイ・ポートフォリオも足元ではすこぶる好調。

第2位

徐々にリスクオン

・この記事を書いた後、英国のEU離脱で世界的に株式が下がり、ちょうどボーナスも入ったので、良い投資ができました。

第1位

こういう投資はオススメしない

・6月一番アクセスを集めたのはこの記事。やや自嘲的に書いた記事になります。この記事も特にオススメはしません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。