内藤忍氏の「問題書?」が大幅に内容改訂

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

暑い日が続きますね。

8月になったら、夏休みを取得しようと思っているので、もうひと頑張りです。

日曜日の今日は、午前中にいつものドトール(店は違いますが)で読書をした後、最寄駅の書店に寄りました。

そこで、あの本を発見。

正確には、「あの本」の改訂版です。

そう、あの本とは当ブログでは珍しく「推薦しない」書籍として紹介した本です。もう、約3年も前になります。

内藤忍氏の8月15日発行の本、早速読了しました。(最後の追記までご覧ください)我々個人投資家にとって、マネックス・ユニバーシティに在籍していた時のイメージが強い内藤氏ですが、本書表紙の肩書きは「株式会社 資産デザイン研究所 代表取締役社長」となっています。さて

今回、見つけたのは、上記本を大幅加筆・改訂したもの。

基となる本(新刊書)では「資産金額別運用ガイド」として、以下の金額ごとにモデルポートフォリオが提示されていました。
・資産1000万円未満
・1000万円
・3000万円
・5000万円
・1億円

ここでは、資産3000万円以上の人に対して海外不動産やワインへの投資を推奨。私を含む多くのブロガーから厳しい意見が当該書籍と内藤忍氏に向けられました。

今日、私が書店で手に取った改訂版(新書)では、「貯金金額別」にモデルポートフォリオが提示されていましたが、その区分が以前に比べて小さな金額に変更されていました。
・10万円
・100万円
・500万円
・1000万円

確認してみると、1000万円の区分になって初めて「ワイン投資」に100万円割り振る内容となっていました。

この様に、まさに大幅加筆・改訂されており、私が批判した本の「毒」の部分はかなり薄められています。余程、批判等があったのでしょうね。この程度なら、ワイン投資の部分はオススメしませんが、読んでも特段問題ない投資本(勉強になる部分もたくさんある本)だと思います。

以上、改訂版が出てから1年以上経った今、発見した事実でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。