facebook いつの間にか「巨人」になっていた。

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

【L】レバレッジ投資実践日記の管理人エルです。

今では、すっかり日本でも定着したSNSのfacebook。特に年齢層が高めの人達の間では愛用者が多いですね。

その当社が上場したのは2012年5月18日。上場時の初値は42.05ドルでした。それが、昨日現在で109.11ドルまで上昇しています。(上場後、しばらくは不安定でしたけどね)

さて、当社の時価総額は世界の上場企業の中でどの位の位置にあるかご存知でしょうか。

以下は2015年12月末時点の世界の企業の時価総額ランキングです。たまたま、上位10位までが全てアメリカ企業になっていますが、米国企業ランキングではありません。

1位 アップル(時価総額5870億ドル)
2位 アルファベット(グーグルが社名変更、5220億ドル)
3位 マイクロソフト(4430億ドル)
4位 バークシャー・ハサウェイ(3260億ドル)
5位 エクソン・モービル(3250億ドル)
6位 アマゾン(3170億ドル)
7位 フェイスブック(2960億ドル)
8位 GE(2940億ドル)
9位 ジョンソン&ジョンソン(2840億ドル)
10位 ウェルズ・ファーゴ(2780億ドル)

なんと、あのGEよりも上の堂々7位にランクイン。

世界で7番目に時価総額(株式市場での評価額)が大きな会社になっているのです。ちなみに、1位がアップルなのは有名ですが、6位のアマゾンも少しビックリです。

そして、時価総額だけでなく、その裏付けとなる業績もかなりの規模になっています。

ちょうど、27日に第4四半期(10〜12月)の決算を発表したばかりですが、モバイル広告が好調で売上高は前年同期比52%増の58億4100万ドル、純利益は123%増(2.2倍)の15億6200万ドルと過去最高でした。

(参考)Facebook、モバイル広告好調で純利益が過去最高の16億ドル(IT mediaニュース)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。