今後はアメリカ株(個別株・ETF)への投資を増やす方針

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

photo-1428515634197-76c85896cf1f

【L】レバレッジ投資実践日記の管理人エルです。

この「レバレッジ投資実践日記」は2007年12月に始めました。その前後で、当時行っていた個別株投資(国内株・海外株)は縮小して、インデックスファンドやETFにシフトさせた経緯があります。(ブログ閲覧歴が長い方はご存知でしょう)

そうした「歴史」はあるのですが、最近は再び個別株(日本・米国)への投資を再開したりしています。

今日の投稿は、米国企業への投資(海外ETF・個別株)を「増やしていくぞ!」という方針の表明です。

今年のこれからの投稿(カテゴリ:投資活動)において、披露していきますのでお楽しみに。

ちなみに、現在保有している海外ETF(アメリカ株)は以下の4つです。

<海外ETF(米国株)>
(1)バンガード・米国生活必需品セクターETF:ティッカー・シンボル「VDC」
・米国の生活必需品セクター(食品・飲料・タバコ等)に投資。組入銘柄数は約100社。
・経費率は0.10%
・主な上位銘柄:P&G、コカ・コーラ、ペプシコ、フィリップ・モリス、ウォルマート
〜生活必需品なので、市場が大きく下落する局面でも大きく下げない。「守り」に強い。〜

(2)バンガード・米国一般消費財・サービス・セクターETF:「VCR」
・米国の一般消費財・サービスセクター(自動車・アパレル・ホテル・レストラン等)に投資
・経費率は0.10%
・主な上位銘柄:ウォルト・ディズニー、Amazon、マクドナルド、スターバックス、NIKE
〜景気(個人消費)に素直に連動?〜

(3)バンガード・米国情報技術セクターETF:「VGT」
・米国の情報技術セクター(テクノロジー・ソフトウェア、テクノロジー・ハードウェア、半導体等)に投資
・経費率は0.10%
・主な上位銘柄:Apple、Microsoft、Google、facebook、IBM、Intel
〜流行り廃りの激しいセクター。約400銘柄に分散投資されている。〜

(4)iシェアーズ NASDAQバイオテクノロジーETF:「IBB」
・米国のバイオテクノロジー・医薬品関連企業に投資。組入銘柄数は約140社。
・経費率は0.48%
・主な上位銘柄:GILEAD SCIENCES、BIOGEN、CELGENE、AMGEN
〜ハイリスク・ハイリターン?知らない企業も多いが「夢」を買いたい。〜

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。