資産運用は「我流」にこだわる

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

「我流」という言葉は、どちらかというと世の中の常識を無視して行動する等「自分勝手」なマイナスのイメージを持ちます。

でも、私は資産運用については積極的に「我流」で行っています。

自分の大事なお金については、他人の意見を鵜呑みにせず、しっかりと自分で考えて「自己責任」を意識して。

例えば、

・インデックス投資とアクティブ投資の割合
・リスク資産と無リスク資産の割合
・日本株と先進国株・新興国株の割合
・株式とそれ以外のリスクアセット(債券等)の割合
・投資するタイミング(一括投資か積立投資か)

とか、こうした事柄について、「我流」でいきます。

また、慎重に検討し決めたポートフォリオでも、見直しした方が良いと思えば、遅滞無く速やかに見直します。

現在、以下の要素を勘案しながらポートフォリオを構築していますが、「インデックス」に広く「分散」したり、債券等株式以外の資産に徒らに手を拡げることなく、手堅い運用ができるのではないか、そんな風に感じ始めているところです。

・「米国株」中心
・少数の銘柄を厳選
・生活必需品セクター中心
・低ベータ株中心

なお、こうした考えの基でしばらく運用してうまくいかなければ、アクティブ運用を一切辞めてしまうといった事もあるかもしれません。(あくまで、可能性があるという意味で)

そうならない事を祈ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。