アセット・アロケーション(2017/6/30)

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

6月末時点の今年の運用成績(フロー)をアップ(参考:【米国株】2017年6月と上半期の運用成績)しましたので、6月末時点の資産配分(ストック)の状況を報告しておきます。


ご覧の通り、米国株が8割と圧倒的な構成割合となっています。他のアセット・クラスを全て合計しても2割しかなく(当たり前ですね)、米国株の運用成績が良いかどうかで、私の金融資産の運命が決まると言っても過言ではありません。

(補足説明)
・米国優先株式は株式と名前はついていますが、債券に近い性格の商品です。
・日本株式はアクティブファンド+個別株です。
・厳密には、欧州個別株式(ユニリーバ)や日本・米国以外の国に投資する株式投信(個人型DC)もありますが、細かい分類は省略し、ユニリーバは米国株式、投信(金額は僅少)は日本株式に分類
・一般の債券ファンド等は全て売却し、米国個別株式にシフトしました。

I hope you like it.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。