【米国株】ゼネラル・エレクトリックに新規投資

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

【L】レバレッジ投資実践日記の管理人エルです。

バンガード・米国ヘルスケア・セクターETFに新規投資」した同じ日に、アメリカを代表する企業のひとつゼネラル・エレクトリック(GE)に初めて投資しました。

GEと言えば、あのトーマス・エジソンの電気照明会社が源流。

1928年にアメリカの株価指数「ダウ工業株30種平均」が開始されて以降、構成銘柄は時代の趨勢に合わせて入れ替わっていますが、現在まで構成銘柄として唯一残っているのがGEです。

GEは飛行機のエンジン、医療機器、発電設備、産業用ソフトウェア等多岐にわたる業務を行う世界最大のコングロマリット企業です。

従来から、単に業務を拡げているのではなく、競争力のある事業分野への選択と集中でも有名。

近年は家電部門を中国のハイアールに売却表明したりしていますが、特に注目すべきは、主力部門のひとつであった金融部門の急速な縮小方針です。

金融を巡る各種規制の厳しさや、経済環境等から儲からないビジネスと見切りを付けた様です。

一方、最近注力しているのが「IOT」(IoTとは、コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うこと。)の分野です。

巨人GEを製造業からサービス業に変貌させる「インダストリアル・インターネット」とは何か(DIAMOND ONLINE)

アメリカを代表する老舗企業でありながら、積極果敢にビジネス・モデルを転換する当社の行方を今後とも注目していくため、投資することにしました。(動向フォローは別に投資しなくても可能ですが、やはり自分のお金を投じた方がちゃんとチェックできますから。)

なお、このGEですが、2016年2月末時点の時価総額は世界で8番目の位置にあります。

引続き、今年は米国株(個別株・ETF)に力点を置いた投資を行っていきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。