徐々にリスクオン

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

昨日ブログで書いた「日経平均15,500円割れの中「ひふみ投信」にスポット投資」は、世界株のアクティブ投信(セゾン資産形成の達人ファンド)から日本株のアクティブ投信への一部スイッチでしたが、NY市場では米国株に追加投資しました。

エントリー「個人向け国債は「生活防衛資金」ではない。」で言及したとおり、私が無リスク資産の置き場所として保有していた個人向け国債(10年変動)の売却資金を、保有米国株の中では唯一株価が下がっていたナイキ(NKE)と、コストコ(COST)に追加投資しました。

通常、金融資産の2%程度に抑制している預金の割合が、現在個人向け国債(一部)売却により、その10倍以上の水準になっています。

今後は、マーケットの状況に応じて柔軟に資金投入を行っていく方針です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。