こういう投資はオススメしない

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

「オススメしない」と言っておきながらなんですが、これは先週の私の投資に関する記録です。

エントリー「徐々にリスクオン」に書いたとおり、余剰資金で少し投資しました。

投資したのは日本株4銘柄

・富士フィルムホールディングス(4901)100株(@4064円)

・日本電信電話(9432)100株(@4462円)

・日本郵船(9101)1000株(@184円)

・野村ホールディングス(8604)1000株(@399円)

どれも、株価は年初来安値圏かそれに近い水準にあります。

なんでオススメできないのか

・では、なぜ、これが「オススメできない」投資なのか。それは、株価の安さにつられて投資する投資だから。各銘柄の事業内容等を深く分析していません。ましてや、惚れ込んだりといった事も特段ありません。

・単に、株価が過去の実績等から判断して「安い」(少なくとも割高ではない)と思ったから投資しただけです。

・もっとも、この中では富士フィルムはバイオとか夢のある会社で、長期保有にも適するかもしれませんが。NTTも「債券」の代替投資としてのニーズがあるかもしれません。日本郵船は他の海運会社に比べ、事業ポートフォリオが分散されており、海以外に陸や空でも稼いでいることを評価。野村は、日本株市場の「指標」として観測目的の意味合いも込めて投資しました。

本命は米国株

・先週はたまたま少し日本株に投資しましたが、あくまで本命の投資先は米国株でいきたいと思います。

・エントリー「こんなブログにしたい」にも書きましたが、資産運用における一定のスタイル(人が羨ましくなるような「カッコイイ」)を確立したいと思っています。目指すは「米国個別株の保有はこの10銘柄」の様な銘柄への、少数厳選投資です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。