アメリカ株(個別株)中心の運用状況

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

今年3月、2008年以来の米国株の個別株への投資を再開しました。

2008年と言えば、このレバレッジ投資実践日記を旧アドレスで開始(2007年12月)した直後まで遡ります。

3月以降、試行錯誤をしながらですが、ある程度「型」ができた感じがしています。

少数の企業に厳選投資

・現在、保有している米国株はユニオン・パシフィック、フィリップ・モリス、IBM、アマゾン・ドット・コム、アップル、ペプシコ、スリーエム、フェイスブック、P&Gです。

生活必需品セクターを多目に保有

・たばこ、飲料等生活必需品の保守的な企業への投資割合がインデックスに比べて多くなっています。

米国株以外も絞り込み

・厳選投資しているのは米国株だけでなく、中国株はテンセント、日本株はニトリのみに投資。
・投資信託はひふみ投信、結い2101、コモンズ30ファンド、セゾン資産形成の達人ファンドに投資
・結果的に、現在はアクティブ投資100%となっています。株式割合100%でもあります。

約半年経った感想

・上記のとおり、米国株中心で投資先の株も少ないですが、以前日本株(個別株)を多く保有していた時と違ってポートフォリオの値動きはマイルドです。安心して保有できる気がします。
・ただし、為替の変動がポートフォリオの時価に与える影響は相応に大きいです(株価の変動よりも気になる)。でも、自宅不動産(=円資産を数千万円単位)で保有していることを勘案すれば過度に円高を恐れる必要はないと判断しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。