追加投資できない「家計体質」になった。

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

今年になってから、「教育費が我が家の家計を圧迫」だの「とにかくカネが出ていく」だのといった出費が嵩むことを記事にしてきましたが、どうやら、この状態が定着し「貯金」「追加投資」が出来ない「家計体質」となってしまった様です。

実態がどうなっているのか、現在のメイン証券である楽天証券への新規の入金状況を確認してみました。

自分のお金の出入りのことでも、実際にちゃんと確認してみないと意外と正確に把握できないものですが、調べてみると今年7月に入金(米国株購入資金に充当されています)されたのを最後にニューマネーは投下されていませんでした。

7月といえば、前月末にボーナスが入った直後の月。つまり、ボーナスが入らないと貯金・追加投資はできない状態まで家計は悪化してしまいました。

なお、出費の主なものは1)単身赴任をしているため自宅との往復の飛行機代、2)息子の教育費、3)外食代となっています。

減らそうと思えば、教育費以外は抑制が可能ですが、家庭の問題(長男の体調・学業の問題)を抱える中では家に帰る回数も当面は減らすことが難しい現状にあります。

単身赴任さえ終われば、かなりお金の面では楽になるのですが。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。