昨日はバークシャー、PM、VDCに投資。再びフルインベストの状態に

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

いやぁ、アメリカ株は強いですね。

トランプ大統領誕生決定後、2日続伸しました。選挙前からは4日連続でダウは続伸し過去最高値を更新しています。

市場全体を表す指数は上昇していますが、物色される銘柄は以前とは大きく異なり、金融やヘルスケア、防衛やインフラ関係等が買われる一方、生活必需品セクターや、アマゾンやフェイスブック等これまで市場の中心だった成長株が売られる展開となっています。

そして、顕著なのが米国の長期金利の上昇とドル高の進行。

長期金利の上昇により、金利が上がる前に選好された高配当の企業群も軒並み売られています。

この結果、アマゾンやフェイスブック、ペプシコ、フィリップ・モリス等を主に保有していた私は、市場全体に明らかに負けています。

こうした中ではありますが、「資金を潤沢に確保」していましたが、二日間で使い切りました。

投資したのは主に、売られたフィリップ・モリスと以前保有していた生活必需品セクターのETFであるバンガードのVDC、それとこれも以前保有していたバークシャー・ハサウェイです。

なお、バークシャーに関しては少し前から投資を再開していたので、苦戦のマイ・ポートフォリオの中では含み益に貢献しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。