株券の現物を見たことがありますか?

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

IMG_0190

突然ですが、皆さんは株式の現物を手に取って見たことがあるでしょうか。

今は電子化(2009年1月〜:参考リンク)されましたが、電子化前は現物で保有することもできました。実際には証券保管振替機構(ほふり)に証券会社経由で預けているケースが殆どでしたが。

写真は不正会計(損失隠し)事件後の経営破綻によって1997年に自主廃業した旧「四大証券」の一角であった山一證券の株券です。

どうしてあるのかと言うと、エントリー「金融機関の取引口座を整理」で言及した野村證券の口座を解約した際、何も価値はないのですが返戻されてきたものです。

山一證券が破綻し、株価が1円とかなった時に証券会社の窓口担当から「現物への転換」を確か勧められた記憶があります(定かではありませんが)。以来、定期的に野村證券から送られてくる報告書にも「山一證券」の名前が残っていたものです。(確か120円で1000株)

話は脱線しますが、山一證券と言えば「法人の山一」とかつて呼ばれ、優秀な多くの人材を輩出していますね。

私の知り合いの中で限定しても、コモンズ投信の伊井社長やフィデリティ退職・投資教育研究所の野尻さんとか複数いらっしゃいます。

山一の破綻は平成9年。かなり、歳月が経ちましたね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。