投資先の業績が良いと「ほっとする」

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

photo-1447338065307-fbe2a1416586

(記事の内容と写真は全く関係がありません)

先日、投資している中国企業のアリババにおいて、会計不正疑惑が突如明るみになりました。

不正の有無、そして、仮に法令違反等があった場合の程度についても現状全く判明していませんが、最悪の事態を想定して、躊躇することなく当社株式を全部売却しました。

(参考)会計不正疑惑のあるアリババ株式を売却

こんな事が起こるのは、個別株投資の「宿命」とも言うべきもので、一定の確率で発生することは避けられません。

しかし、せっかく、3月に投資したばかりだったのになぁとは思います。

(参考)世界最大の「流通業者」と「ゲーム会社」に投資

これがあったからでしょうか。

その翌日に、別の保有株のコストコ(参考:ウォルト・ディズニー(DIS)とコストコ・ホールセール(COST)に投資)の業績が良好で株価が上昇したのを見ると、「ほっと」しました。(参考)米コストコホールセールー上昇 市場予想を上回る増益を好感(トレイダーズ・ウェブ)

なお、アリババ株は中国株(残る保有株はテンセント)でしたが、メインの米国株については、基本的に安心して保有できる銘柄を揃えています。

(参考)米国個別株の保有はこの10銘柄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。