米国優良株のパフォーマンスは「驚く」ほど素晴らしい

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

昨日のエントリー「保有米国株の「過去」の株価パフォーマンスは素晴らしい」の続編です。

前回は私が現在保有している米国株(12銘柄)について、適当に設定した過去の時点(2005/12/30)から現在(2016/7/1)まで、どれ位株価が上昇しているのか確認しました。

その結果、米国株式市場の代表的な指数であるS&P500の騰落率+68.5%に対し、GEを除く銘柄がこれを上回る上昇(最も上昇したレイノルズ・アメリカンは+697.2%)を記録。

今回、時点をさらに遡って、ちょうど日本がバブル真っ最中の1989/12/29の時と株価を比較してみました。

驚きの結果が出ました。

銘柄名(ティッカー)1989/12/29株価(ドル)2016/7/1株価(ドル)騰落率(%)
ナイキ(NKE)0.6755.61+8200.0
チャーチ・アンド・ドワイト(CHD)2.18102.31 +4593.1
レイノルズ・アメリカン(RAI)1.36 53.73 +3850.7
ジョンソン&ジョンソン(JNJ)4.11 121.29 +2851.1
3M(MMM)9.52 175.54 +1743.9
ペプシコ(PEP)5,77 105.63 +1730.7
コストコ・ホールセール(COST)9.13 156.11 +1610.0
ウォルト・ディズニー(DIS)7.06 98.03 +1288.5
ゼネラル・エレクトリック(GE)2.55 31.49 +1134.9
アイビーエム(IBM)14.40 152.35 +958.0
ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)7.77 56.23 +623.7
フィリップ・モリス(PM)35.47 101.28 +185.5

前回同様に、株式分割等があった場合は考慮し、一方で配当は加味していない条件での株価比較になります。

数字が凄過ぎて、分かりにくいですが、最も上昇したナイキはなんと「83倍」も上昇していました。(ちなみに、S&P500の上昇率は+595.1%と約7倍)

最も、順位が低いのはフィリップ・モリス。えっ?フィリップ・モリスって株価上昇率はもっと高いはずだろ!という貴方の感覚は正しい。

このフィリップ・モリス(PM)は2008/5に現在のアルトリア・グループ(MO)の米国外事業が分離されたもの。このため、最も古い株価が2008/5/17となっています。

MOで計測すると、+7833.3%とやはり80倍近い上昇率となっていました。

この様な著名な大企業(この中で規模が小さいのはCHDくらい)への投資であっても、米国株であれば長期保有していると桁外れのキャピタル・ゲインが得られる事例でした。

実際には、これに配当金再投資が上乗せされ、複利運用されますので、もっと凄いことになります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。