それでも、Kindle Unlimited を利用する理由(わけ)

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

8月3日から日本でもサービス提供が開始されたAmazonのKindle本読み放題サービス「Kindle Unlimited」

当初、12万冊以上の和書(本、コミック、雑誌)および120万冊以上の洋書が利用可能と鳴り物入りでスタートしましたが、僅か数日で利用可能だった商品が突如対象外となるなど、一部利用者から批判も出ています。

それでも、私はKindle Unlimited を利用します。

利用料金が安い

・当初30日間は無料ですが、その後は月額980円(税込)の利用料がかかります。これを高いとみるか安いとみるかは人それぞれ。私の場合、単身赴任になって以降読書量が減っていますが、それでも月10冊程度は読みますので、この月額980円という料金は非常に魅力的です。

・月980円×12ヵ月=11,760円が固定費としてかかりますが、これまで1冊新書でも900円程度、新刊の場合、2,000円程度要していたことを考えると、むしろ、年間の書籍に費やすお金を削減することが可能です。一部、今でも紙の本を購入しますが、10分の1に減らせるかも。

図書館替わりとなる

・リアルな書店で、紙の書籍を手に取って内容確認してから購入するのがベストですが、ちよっと気になる本をネットでDLして内容確認できるのは非常に便利です。これは、図書館と「どこでもドア」(ドラえもん)でつながっている感覚です。
・実は「読み放題」といっても、同時並行で利用できるのは「10冊」までという面倒くささはありますが、図書館でも同時に借りられる冊数には上限があります。ちょっとチェックして、イマイチなら利用を解除すれば代わりに他の本が利用可能となりますので、実害は殆どないと言えるでしょう。

間違って購入してしまった場合

実は私もやってしまったのですが、次から次へとチェックしている際に、誤って「購入」ボタンを押した場合、購入から7日以内に限り返金を受けることができます。(リンク:Amazon.co.jp ヘルプ:kindle本を返品する
なお、「Kindleストアでご購入いただいたKindle本については、購入間違いなどの場合、注文日から7日以内に限りAmazonの裁量にて返金を承っております。返金をご希望の場合は、カスタマーサービスにご連絡ください。」と「Amazonの裁量」の文字があるのが気になりますが。

(参考)
kindle本の返品処理は、ほんのちょっとだけまんどくさい。(ultimate-ez.com)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。