10億円あったら・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 297

「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの藤野英人氏の「10億円あれば・・・未来への投資は空想から」(NIKKEI STYLE)を読みました。

この投稿の基となった「facebookのやりとり」の段階から興味深く様子を見ていました(コメントはしていませんが)。

億り人(1億円保持者)は、日本にも割と多い(貴方の隣の家の人がそうかもしれない)と言われますが、10億円となると急にいなくなります。

そんな「夢」の10億円を「今」手にすることができたら、何をしますか?

お金のために働くことから解放された時に思うこと

この藤野さんの問いかけは、10億円というよほど贅沢な暮らしをしない限り一生遊んで暮らせるだけの十分なお金を手にした時、つまり「お金の制約」から解放された時に自分が何をしたいのかをイメージするのに非常に良い質問です。

したいことが思いつかない人

藤野さんがこう言ってました。

ところが、したいことが思いつかない人は意外にたくさんいるようです。そういう人は現状にとても満足している人でない限りは、不安を感じているけれども諦めている人でしょう。これはかなり問題だと思います。ひょっとしたら自分以外の誰かに責任を転嫁することで、自助努力を諦めて「不満や不安を感じること」によって自分を正当化しているだけかもしれません。

こういう人、たくさんいるのでしょうか?

では、私はどうなのか

そうですね。

どちらかと言えば、私もしたいことが特に思いつかない部類です。

「空想力」に欠けているのかもしれませんし、単に欲が深くないのかしれません。

ただ、現状に諦めているわけでもありません。

多分、一番近いのは現状に満足しているのでしょうね。

こちら」に書いた様に、私は子供の頃はお金に恵まれませんでした。(生活保護こそ受けていませんでしたが)

それが、大学(1年目だけ親に学費を出してもらいました)を卒業し、それなりにしっかりとした組織に潜りこむことができ、今では相応の役職にも就くことができました。経済的には、既に十分恵まれているので、今の状態が維持されれば御の字です。(実際は今がピーク)

自分にとっての幸せは、

・好きな音楽を良い音で聴いたり
・家族とたわいのない話をしながら、家で良質な食材を使ったご飯を食べたり
・誘われれば、お金のことを気にせず友人と外食したり
・1年に1回(本当はもう少し多く行きたいが、一人旅は奥さんが許してくれない)は海外旅行に行ったり
・貧乏生活の長かった親にボーナスをあげたり、孫の顔を見せてやったり

することです。

これを、お金の心配なくできるのであれば、良いかなと

そして、今は「これだ!」というものは残念ながら思いつきませんが、私ならではの能力を発揮して「世の中・社会のために貢献」することです。(今だって、一定の役割は果たしているはずですが)

ということで、この「問いかけ」への答え探しは半分はできて半分は出来ていない、そんな感じです。

最後に名言を

人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。

Yes, life is wonderful, if you’re not afraid of it.
All it needs is courage,imagination, and a little dough.

チャーリー・チャップリン

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。