私の現在のカテゴリー別投資方針

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

タイトルの前に「わかりにくい」と付けようと思いましたが、長いのでやめました。

ブログ読者は「このエルって人、一体全体何を考えて運用しているのか、よくわからん」と感じていると想像しています。

先月も、以下の記事を書きました。

僕の今の投資方針を少し詳しく書いてみる
自分の頭の整理も兼ねて、少しだけ普段よりも詳しく「現在」の投資方針をメモっておく。 機動的な運用 ・これは、今に限ったことではなく、昔か...

少し詳しく運用方針を説明したところで、自分でも他人から見てわかりにくいだろうなぁと認識しています。

一つの理由としては、説明が上手ではないこと。それに、グラフや表の類をあまり使わないことも一因だと思われます。

でも、めげずに再度ご説明しますね。

<米国個別株>
・私が将来的に一番注力して投資していきたいと考えているのが、米国の個別株です。足元では現在の加熱気味の株式マーケットに対するエクポージャーを抑制するため、金額は落としていますが合計で1000万円以上投資しています。
・現在、投資しているのは、フェイスブック、アマゾン、ジョンソン&ジョンソン、フィリップモリス、エクソン・モービル、ユニリーバ、そして謎のX社(そのうち開示)の合計7社です。ユニリーバは米国企業ではありませんが、NY市場を通じて投資しているので多目に見てください。
・もう少し銘柄数を増やす可能性(検討中)はありますが、10銘柄を超えてドンドン増やしていくつもりは今のところありません。あるとすれば、追加投資により1社あたりの金額が増えていくイメージです。

<海外ETF>
・「iシェアーズ 米国優先株式 ETF が保有額トップとなった」ため、当該カテゴリーへの投資が現在一番多くなっています。配当金の受領状況を見てもらえば一目瞭然ですが、米国優先株式ETFだけで軽く1000万円以上の金額を投資しています。
・この優先株式は現在5%台後半の配当利回りがあり、比較的少ない値動き(低いベータ)で高いインカムゲインを得ることができる投資先ですが、優れた企業の普通株式と比べると長いスパンではトータル・リターン(配当+キャピタル・ゲイン)で劣後するため、この部分が一番多い現状は健全な姿ではないと判断しています。普通の株式が大きく下げる場面では、当該ETFを売却して米国個別株にシフトすることも想定しています。(全く逆のオペレーションを行う局面が一時的に来る可能性もありますが)

<インデックスファンド>
・松井証券の『投信工房』という便利なツールを使って、現在「毎週20万円」の積立を行っています。金額の大きさに驚かれるかもしれませんが、もちろん、毎月の給与収入だけでそんな余裕があるはずもなく、昨年末リスク資産を一部現金化したものを充当しています。
・年末年始に行ったスポット投資+今後の積立予定額(利息がつかないのに予め松井証券に送金済)の合計は、やはり1000万円以上の「意味ある」投資金額となっています。まだ今年1月から運用開始したばかりですが、この部分の「安定感」は気に入っています。現在、単身赴任で家計の状態があまりよくありませんが、正常化した際にはこの「毎週20万円」が終わった後も継続積立するかもしれません。

「毎週20万円」の「積立投資」がスタート
今日はとびきりブログアクセスが少ない。(どうしちゃったんだ?)明日11日にトランプ次期大統領の選挙終了後初の記者会見が行われるが、こ...

<アクティブファンド>
・最後はアクティブファンドについてです。現在投資しているアクティブファンドは「ひふみ投信」「結い2101」「コモンズ30ファンド」の3つです。「ひふみ投信」を運用するレオスは米国株へも投資することを表明していますが、何れも日本株のアセットクラスへの投資手段の一部として活用させてもらっています。
・なお、アクティブファンドへの投資は全て合計しても1000万円未満であり、今後も大きく増やす方針はありません。コモンズ投信のみ毎月積立を実施中です。

<その他>
・1年間だけ投資しましたが、個人向け国債には投資していません。日本株の個別株投資は現在は行っていません。どちらも、将来、投資することはあるかもしれませんが、当面は主たる投資先としては考えていません。

以上です。

追加説明したけど、あまり代わり映えしないなぁ

I hope you like it.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。