マンション管理組合総会に出席

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

自宅であるマンションの管理組合の総会に久しぶりに参加しました。

現在住んでいるマンションは、10年前に新築で購入。

東京都内のやはり新築で購入したマンションを売却し、東京都以外の郊外にある妻の実家近くに住み替えをした物件です。

管理組合と言えば、上記都内のマンションに住んでいた時は、副理事長とか書記長とか常に役員を務めていましたが、今のマンションになってからは役員でないこともあり、殆ど総会に参加することもなく10年が経過してしまいました。

何千万円も大枚を投じた「財産」の管理を、こんな調子でやっていたらアカンと反省し参加したものです。

参加者数

マンションは150世帯を少し上回る規模なのですが、実際に総会に顔を出したのは役員を含め21名でした。委任状等により総会自体は成立していますが、参加人数は思ったよりも少ない印象です。

都心部等の投資用マンションであれば、マンションの区分所有者と実際の利用者が異なるため、総会に参加するのが少ないことは理解(予想される)できますが、もっと自分の財産管理に熱心にならないといけないですね。(自分のことは脇に置いて)

概要

総会前の時間で管理会社により管理委託契約締結に伴う重要事項の説明会があり、その後で総会がマンション内のマルチルームで行われました。

どこのマンションでも同じでしょうが議案としては、
・前期の事業報告、決算報告並びに監査報告の件
・管理委託契約の締結の件
・今期の事業計画、予算(案)承認の件
・今期管理役員選任の件
といったものが中心でした。

特に問題となる様な事項はありませんでしたが、出席して何も発言しないのは「出席した意味がない」と思い3回ほど発言しました。(その他の参加者の理解が深まる様な質問中心)

民泊が話題に

一部出席者から、今話題の民泊について、管理組合としての対応方針を明確にした方がよいとの問題提起がなされました。

管理組合からは現行の規約の中で「専ら住居として使用し・・・」があり、民泊としては利用できないと読むことが出来ること、そして、ちょうど先日「民泊新法が成立」し来年法の施行が予定されており、国からもガイドラインの様なものが降りてくるので、管理会社からもこれを踏まえた規約の変更等の提案を後日行いたい旨の説明がありました。

このマンションは郊外の物件なので、あまり民泊の用途は想定されませんが、都心部のマンションでは外国人旅行者等がルール違反のゴミの出し方をする等で住民が困っているとのニュースを目にしたことがあり、財産価値維持のためにはしっかり対応しておくべき事項でしょう。

I hope you like it.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。