マイ・ポートフォリオ(2016.4.1約定日ベース)

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

エントリー「マイ・ポートフォリオ(2016.1.29現在)」に続くポートフォリオの内容公開です。

僅か2ヵ月ちょっとの間に、運用資産の中身が大きく変化しました。


1月末との資産配分の変化
  • 国内株式27%→8%
  • 先進国株式24%→34%
  • 新興国株式2%→4%
  • 国内債券44%→45%
  • コモディティ2%→7%
  • 短期金融商品1%→2%

2月〜3月の投資行動

ファーストリテイリングを再度売却

去年10月の決算発表後、大幅に株価下落したタイミングで、しばらく保有していなかった当社株式に再参入しましたが(参考:ファーストリテイリングが決算を公表。そして・・・)、結局、株価の戻りが相対的に当面期待できないと判断、資金効率の観点から2月に130万円超の売却損を計上。(参考:チャート

その他日本株も短期で撤退

今年のNISA枠で投資した三井住友フィナンシャルグループ、特定口座での日本株式(日本電産等)を売却。独立系投信を除く日本株ファンドも一旦全て売却しました。個別株についてはソニー100株のみ継続保有しています。

この結果、ファーストリテイリングの損失を一部埋めてSBI証券(特定口座)での今年の投資は今のところ約31万円の損失となっています。なお、NISA枠では約24万円のキャピタル・ゲインが出ましたが、制度上税金を課せられません。

日本株の売却資金は主に米国株にシフト

最近の投稿(投資活動)で頻繁にアップしていますが、SBI証券を通して運用していたものを売却し、売却で得た資金は楽天証券を通じて主に米国株(海外ETFや個別株)に投資しました。

明確な方針の変更です。

一部は中国株や新興国株式ファンド、コモディティ(ゴールド)にも充当しました。

今後の運用方針

以上、具体的な投資商品を明示していないので投稿のタイトルは「ポートフォリオ」ではなく「アセット・アロケーション」とすべきでしょうが、難しい事は抜きでお願いします。

引続き、堅調な米国株式を中心(厚めに比率配分)としながら、米ドル高の緩和等により復調基調の新興国株式への比率を少しずつUPさせる方針です。(日本株の比率は1割以下に抑制)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。