マイ・ポートフォリオ(リスク資産限定:2016/4/8)

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

おはようございます。

昨日は久しぶりに新アドレスになってからのアクセス数が最高を更新しました。

さて、先日のエントリー「マイ・ポートフォリオ(2016.4.1約定日ベース)」では、無リスク資産(個人向け国債:10年変動)を含めた比率を示しました。

これは、預金を除く私の全ての金融資産における構成割合を表すものになります。ただ、これだと他の多くの投資ブログでの開示方法(リスク資産に限定した割合で開示しているところが殆ど)と異なり、自分でも比較・参照しにくいので、改めて同じ基準で確認しました。参考までにUPしておきます。(今後はリスク資産限定でのアセット・アロケーションを当ブログでは開示します。)

リスク資産の構成割合

国内株式:15%
先進国株式:60%
新興国株式:8%
国内債券:1%
コモディティ:13%
短期金融商品:3%(注)

主な投資商品

<国内株式>

・ひふみ投信、結い2101、コモンズ30ファンド

・セゾン資産形成の達人ファンドの日本株部分

・ソニー

<先進国株式>

・海外ETF(バンガードのセクターETF)

・米国株(ウェルズ・ファーゴ、GE)

・セゾン資産形成の達人ファンドの先進国部分

<新興国株式>

・たわらノーロード新興国株式

・中国株(アリババ、テンセント)

・セゾン資産形成の達人ファンドの新興国部分

<国内債券>

・DLIBJ公社債オープン(中期コース)

<コモディティ>

・国内ETF(純金上場信託)

注)

この比率算定はマネックス証券が無料で提供しているスマホ向け投信管理支援アプリ「ANSER」(マネックスに口座がなくても誰でも利用可能)が算出した割合をそのまま転記しています。「短期金融資産」は各投信が保有しているもので、私の預金等ではありません。

このアプリはあくまで「投信」用の管理ツールですが、個別株(日本株・米国株・中国株)を適当なダミーの投信を登録し時価相当入力。要は管理の手抜きです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。