国別の投資割合は今が居心地良い

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

最近、投資に関係する投稿を書いていなかったので、少し書いておく。

ブロガーの中には、ポートフォリオの内容やアセットアロケーションについて月次で記事にしている方もいるが、大雑把に管理している私の場合にはそれは無理。(嘘。実際には簡単)

今回は特別に披露したい。(次はいつ開示するかはきまぐれ)

日本10%、先進国85%、新興国5%

・非常にラフに丸い数字で表すと、日本に約10%、米国を中心(というより殆ど)とした先進国に8割〜9割、そして残りが新興国という振り分けになっている。
・これらは、全て株式であり、債券やREIT、さらにはゴールド等も現在は一切保有していない。

各国別の構成商品

・日本株は、個別株(ニトリホールディングス)、アクティブファンド(ひふみ投信、結い2101、コモンズ30ファンド、セゾン資産形成の達人ファンド)で構成
・先進国株は、個別株(米国株)とセゾン資産形成の達人ファンドで構成
・新興国は個別株(テンセント)、セゾン資産形成の達人ファンドとなっている。

米国株集中投資

・現在、少数の米国株(ユニオンパシフィック、フィリップモリス、IBM、Amazon、Apple、J&J、3M、ペプシコ及びfacebookをごく僅か保有)に投資しているが、生活必需品セクター等で守りを固めつつ、ハイテク株にも大胆に投資する現状の我がポートフォリオには満足している。

See you

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。