半導体関連銘柄が活況

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

少し前からこの言葉が気になっていました。

「半導体」です。

かつて80年代には日本は世界の「半導体」業界で高いシェアを占めていたこともありますが、今は見る影もありません。辛うじて頑張っていた東芝はあんなことになるし。

でも、あの方が超大型な海外企業の買収を決めたあたりから、にわかに「半導体」の文字をよく目にするようになりました。そう、ソフトバンクのARMの買収です。

(参考)
ソフトバンクの孫正義社長がARM買収について語る、なぜ半導体?(ライブドアニュース)
半導体にブームの兆し 周期は株価で読め(窪田真之)(NIKKEI STYLE)
NY株ハイライト 半導体業界に「ビットコインラッシュ」 AMDが逆行高(日経会員限定)
21世紀最大のテーマ!半導体が凄い理由と注目の関連銘柄3選(株式マガジン)

要は、IoTが広まることなどによって半導体が使われる領域がこれからどんどん増えることが見込まれている様です。

そして、これに呼応して半導体関連銘柄が世界的に上昇しています。

私が「おや?」と最初に感じたのが、保有するコモンズ投信の「コモンズ30ファンド」の月次レポート(2017年4月)を読んだ時でした。

「組入上位10銘柄は半導体関連ばかりじゃないか!」

これら半導体銘柄の調子が良いこともあって、コモンズ30ファンドの運用成績も最近往時の調子を取り戻しパフォーマンスが良いのですが「ちょっと半導体リスクがあるな」と感じました。(注:当該ファンドでは昔からこれらの銘柄に投資しています)

そしたら、今度はやはり保有する「ひふみ投信」の直近の月次レポートでも半導体関連が運用に大きく寄与している旨リンク先ブログ経由で知りました。
(参考)半導体関連が絶好調で驚異的なパフォーマンスにーひふみ投信の2017年5月の運用成績(The Arts and Investment Studies)

コモンズとは組入銘柄も異なりますが、今はそれだけ「半導体」関連が「旬」ということなんでしょうね。ちょっとマイ・ポートフォリオ内におけるプチ「一極集中リスク」を感じました。

そんな事心配する前に、米国個別株集中リスクでも心配してろ、って声が聞こえて来そうです(笑)

I hope you like it.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。