ようやく家計が正常化

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

stevepb / Pixabay


2年数ヶ月の単身赴任生活が終わり、自宅と赴任先での二重コストや往復の交通費の重圧から解放されて、9月の我が家の家計は正常化(歪な状態が解消)しました。

収支

・我が家(全体管理しているのは私。妻には毎月定額を生活費として振り込み)の収支(収入ー支出)は勿論黒字
・収入(手取り月収プラスその他入金)の約3割相当の黒字となりました。(別途、妻の収入がありますが、そちらの管理はできていません・・・)
・9月は収入・支出ともにイレギュラーの項目がなかったため、当月を当面「ベンチマーク」に設定し、今後の推移を比較・検討していく予定。

我が家の家計の特徴

食費が多い

・実額の開示はできませんが、家で食べる食事は生協等から良質なものを購入しているので、一般家庭に比べ明らかに高いお金を食事に使っています。そのため、家のご飯が美味しいため、子供達は外食に誘っても乗ってきません。
・なお、私個人が使う食費は昼食代と同僚や友人との呑み代となりますが、後者は科目としては「交際費」に分類した上で広義の食費扱いとしています。

住宅費は少ない

・住宅ローンは完済しているので、毎月の管理費しかかかりません。ただ、年間の固定資産税は負担に感じます。

保険

・生命保険の類ですが、これも学資保険とソニー生命の変額保険が主なものであり、収入に占める割合は非常に低いです。変額保険は来年払い終えます。

ソニー生命の変額保険 私が契約した理由
【L】米国株投資実践日記の管理人エルです。今日は普段書かない保険の話です。私は現在「殆ど」生命保険に入っていません。 ...

教育費

・受験シーズンが終わり、今は落ち着いています。数年後に、また波がやってくるまでは比較的少額に推移する見込み。

交通費

・単身赴任時代は、この項目が突出していました。毎月、飛行機代等で二桁万円が出て行ってましたが、これが激減しました。

趣味・娯楽

・私の普段の趣味は読書・音楽・映画なのですが、本・CD・DVDの購入代金は、ほぼ毎月のブログ収入の範囲内に収まり、実質的な持ち出しは殆どありません。

追記)memo
・ドトール5100円(朝食)
・クレジットカード326万円(2016/10〜2017/9)

以上、金額は一切開示していませんが、様子は分かってもらえたかな。

I hope you like it.