【iDeCo】今年の投資額は12万円。気になる保有ファンドの動き。

geralt / Pixabay

今年4月から個人型確定拠出年金(iDeCo)を開始しました。

【iDeCo】個人型確定拠出年金がやっとこさでスタート
審査に時間がかかり過ぎです。 昨年の年末から個人型確定拠出年金への加入手続きを始めました。 そして、先週4月がもう終わろうとする時期になってようやく加入手続きが完了した旨メールがあり、必要な書類も届きました。 途中...

この制度のメリットの一つに掛金が全額「所得控除」となるというものがあります。

この所得控除を受けるためには、年末調整もしくは確定申告において国民年金基金連合会が発行する掛金の払込証明書を提出する必要がありますが、届かない(紛失した?)ため再発行の手続をとり、昨日ようやく届きました。

証明書で確認するまでもないですが、4月に2ヶ月分払込をしているので、12月(年内)までに合計120,000円(月12,000円の10ヶ月分)の資金拠出をしたことになります。

本来、「個人型確定拠出年金に入るべき人」は自営業者や勤め先に年金がない方なのですが、少額とは言えども得られるメリットは最大限享受したいと考えています。

高収入の人は掛金が少なくても無視できないですぞ→(参考)税制優遇について(楽天証券)

さて、iDeCoでは以下の2つのファンドに均等に投資しています。
たわらノーロード先進国株式
セゾン資産形成の達人ファンド

たわらはMSCIコクサイ・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジあり)に連動する投資成果を目指して運用するインデックスファンドであるのに対し、セゾンは国内外の選りすぐりのファンドに投資するアクティブファンドです。

この様に、性格を異にする両ファンド。本来パフォーマンスを比較するのは適当ではないのでしょうが、これから60歳までの約10年の中長期運用において、どれだけ利益の差が出るのか非常に興味があります。

今のところ、本投稿現在、ほぼ互角の勝負となっています。

I hope you like it.

P.S.
スイッチングしました。

個人型DC(iDeCo)の投資対象ファンドを一部変更
個人型確定拠出年金(個人型DC:愛称「iDeCo」)については、私はこれまで2つのファンドに投資してきました。 ・ONEたわら先進国株式(楽天DC) ・セゾン資産形成の達人ファンド(楽天DC) まだ始めて10ヶ月ですが...

コメント