「不動」の1週間

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

日米共に、大きく揺れた今週の株式市場でしたが、個人投資家の皆様におかれまして如何お過ごしのことでしょうか。

私は売りも買いも一切行いませんでした。

今回突如訪れたマーケットの変動について、米国長期金利の上昇(債券下落)が発端だとか、米国FRB議長の交代だとか後講釈はいろいろと出来るのでしょうが、大きくマーケットが動いた「今」時点でも、来週の動きすら予測は不可能です。

ただ、AI等人間が直接介在しない取引が増えていること、レバレッジをかけた複雑な金融商品の存在等により、1日の間での値動きが上下に一段と激しくなった印象を受けました。

最近はずっとボラティリティが低い「凪」の状態でしたが、あたかもこれがずっと続く様な錯覚に陥りかけていた投資家に対し、きついカウンターパンチとなりました。

私につきましては、株式も債券も上がる状況が続いていましたので、そろそろこうした局面が来てもおかしくないと考え、昨年の段階でポートフォリオを再構築していました。そのため、今週受けた痛みは相対的に軽微だったと言えます。

ただ、年初来の下落「率」の面では下記の通り軽微なのですが、何分にもこれまで増える日々が続いていた後だけに、実際に減った「金額」を目にすると「ぎょっ」と思わず声を上げたくなります。

・米国株ポートフォリオ▲0.61%(うち2月▲7.20%)
・レイ・ダリオ▲4.06%(同▲4.59%)
・(参考)S&P500▲3.31%(同▲8.55%)

上記ポートフォリオの中身については、以下のエントリーをご参照ください。

今年も好調な米国株式市場。Myポートフォリオも負けていません。
仮想通貨界隈の話題(コインチェック)で、ネットはもちきりですが、敢えて違う話題でいきましょう。 「バブルだ」「2018年になったら上昇...

I hope you like it.