ユニリーバ(UL)の配当金が2割も増えた2つの理由

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

エルです。

ブログアクセスアップの勉強会」に参加した前後のアクセス数が低迷しています。

勉強会に出た後、短期的なアクセス数は追求しまいと思いましたが、やはり「長く」ブログを運営していくためにも、アクセス数は肥やしになりますね(アクセス カモン)。

さて、余談はこれ位にして本題に入ります。

私が現在投資している海外の個別株15社の中でも上位の組入銘柄となるユニリーバ(UL)からの配当金の連絡がメイン証券の楽天証券(先日、嬉しい手数料の引き下げニュースもありました。→参考「米国株取引の手数料(楽天証券)が業界最低水準に引き下げ」)から入りました。

受渡日銘柄数量単価配当(税引前)受取金額(税引後)
2017/9/14UL7300.414302.22ドル237.94ドル

受け取る配当金が増えた理由

8%増配

・当社株式は四半期毎に配当がありますが、1株あたりの配当単価が前回の0.3828から今回は0.414となり、8.15%の増配となりました。

保有株数が増加

・さらに、3ヶ月前に比べ保有株数が650株から730株に増えており、保有株数の増加要因でも12%以上配当金が増える要因がありました。

トータルで+21.5%の配当増

・この結果、税引前で2割以上の大幅な配当金の受取増加となりました。税引後でも、足元の為替レート(1ドル=約110円)で換算すると26千円ほどとなり、当該銘柄だけで1年間に10万円以上の配当金の入金がある計算となります。

配当をもらえると、正直やはり嬉しいですね。

I hope you like it.