投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017 栄えある第1位は楽天VT

個人投資家の「投信ブロガー」の投票により選出する「Fund of the Year」

昨年投票が締め切られ、その結果を発表する表彰式に久しぶりに足を運んだ。

結果概要

・大方の予想通り?バンガードの海外ETF・VTへ投資するファンドの楽天VT(楽天・全世界株式インデックス・ファンド)が初登場で見事第1位の座を獲得
・第2位は昨年1位であった<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド、3位にも海外ETF・VTIに投資する楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)がランクイン。楽天とバンガードのコラボの強さを印象づけた。
・4位にはガリバー野村としては、実に初の上位入賞となる「野村つみたて外国株投信」が選ばれた。(参考:つみたてNISAは「野村つみたて外国株投信」に決めた。
・上位10位までに入賞したアクティブファンドは「ひふみ投信」(6位)のみと低コストのインデックス・ファンドがブロガーの支持を受ける構図は変わらず(参考:「ひふみプラス」は12位)
・分かりやすさが評価され、バランスファンドも健闘。eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)が上位(5位)となった他、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(11位)、iFree 8資産バランス(18位)も比較的上位にランクインした。
・詳細はアワードHPを参照してください。

『楽天・バンガード・ファンド』は個人投資家の最終兵器足りうる!
楽天投信投資顧問とバンガード・インベストメンツ・ジャパンによる『楽天・バンガード・ファンド』創設の発表が、多くの投資家の間で驚きを伴って歓迎の意を表されています。 このファンドは米国バンガードグループが運用するETFを主な投資

ブロガーエルからの補足コメント

・私はこのアワードには第2回から今回まで欠かさず10回投票してきた。私が唯一投票できなかった第1回の「Fund of the Year 2007」で「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が1位を獲得した頃とは、すっかり顔ぶれが変わったが、セゾンが今も11位にとどまっているのは、流石というしかない。
・以降、STAMやeMAXISなど大手金融機関が低コストのインデックスファンド・シリーズを投入する様になったり、海外ETFの「最終兵器」バンガードのVTが上位を占拠する時期があったりしたが、円からドルに転換したり外国税額控除等の手間を要する海外ETFよりは、一般の投資信託を選好するブロガーが多くなった形となった。
・競争の激しさから、上位10位のうち実に6本が初登場となったが、ブロガーからは新しいファンドの設定ではなく、既存ファンドの低コスト化を望む声が多く出た。当然である。

懇親会も楽しい

・表彰式の後、会場の近くで予め設営されていた懇親会にも参加。今まで、オンラインでしかやりとりのなかったブロガーや読者の方などと談笑し、楽しいひと時を過ごす事ができました。
・最後になりましたが、本アワードを企画・運営してくださった皆様、ボランティアの皆様にお礼申し上げます。

I hope you like it.

コメント