セミリタイア5年目の2023年を総括

ロッキード・マーチンを全売却

この記事は約1分で読めます。

2/7までに保有していた米国最大の軍用機メーカーのロッキード・マーチン(LMT)の株式を全て売却しました。

これは、何か「特別な材料」があったわけ「ではなく」、昨年から進めている米国「個別株」の削減(銘柄というよりも保有額)の一連の流れの中での、投資判断とご理解ください。

私は今年に入っても、1回で50万円といった大きな金額で投資信託(S&P500連動)を追加投資していますが、その資金はこれら個別株の売却により手にしたものを充当しています。

以上、短いですが、ここまで

I hope you like it.

スポンサーリンク
投資活動
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。