2019年は過去最高に資産が増えた1年

米国株ポートフォリオ(2019/11/29現在)

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

最新の米国株ポートフォリオです。(As of 11/29/2019)

 銘柄名ticker   比重(%)
アルトリア・グループMO     11.52
アマゾン・ドット・コムAMZN     10.00
マイクロソフトMSFT       8.78
ビザV       8.55
スリーエムMMM       7.87
ナイキNKE       7.58
アップルAAPL       7.44
ホーム・デポHD       6.13
マクドナルドMCD       5.36
シャーウィン・ウイリアムズSHW       5.00
アルファベットGOOGL       4.84
NVRNVR       4.39
ジョンソン&ジョンソンJNJ       4.14
フェイスブックFB       3.27
ネットフリックスNFLX       2.56
ボーイングBA       2.55
スポンサーリンク

ポイント

銘柄数が減少

・少ないウエイト(7銘柄)を売却。合計で16銘柄に減少しました。(詳細は下記)

10月までの動き

・従来の米国株偏重の状況から日本株へも相応額投資するスタイルに変更。それに伴い米国株への投資総額が減少。米中の貿易を巡る交渉状況等を踏まえ、一時削減していたアップル(AAPL)を復元。株価が低調だった3Mへの投資は高水準を維持
・規制への懸念で大きく売られたタバコ会社のアルトリア・グループへ最大額投資。日本株のJTとともに配当収入のコア銘柄の位置づけとした。
・アルファベット(GOOGL)、フェイスブック(FB)についても、いわゆる「GAFA」への政府の規制報道などで売られる局面で再び投資。
・一方で、ナイキ(NKE)、シャーウィン・ウイリアムズ(SHW)、NVR(NVR)、およびネットフリックス(NFLX)に新規投資するとともに、ボーイングへの投資割合を大きく引き下げ 
・ハイテクのウエイトが大きいポートフォリオに多少分散効果を取り入れる趣旨で、ヘルスケア業界全般の株式が大きく売られていたタイミングで取り入れていたバンガード・米国ヘルスケア・セクターETFなどETFは全部売却

11月の売買

1銘柄で突出したウエイト(約18%)あったアルトリアを半分程度売却。また、少額投資の監視銘柄7銘柄(全部で5%程度)も売却。この売却した資金は既往の投資先の買い増し資金として全て使いました。セミリタイアしましたが、単純に配当収入のみを追求することはせず、メリハリをつけつつ元本成長を重視したポートフォリオになっています。

先日の取材(下記のリンク参照)後の最新のポートフォリオとしてご覧ください。

【メディア掲載】日経新聞の投信コラムに掲載されました。
2月にQUICKさんに取材を受け、その時の模様が本日の日経新聞電子版の投信コラムに掲載されましたので、お知らせします。 (掲載記事)投資歴28年、エルさんの配当金生活(投信ブロガー)(日本経済新聞) 概要 ・私の「投資のき...

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産内容
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記