セミリタイア5年目の2023年を総括

【投資信託】定期売却設定が完了

この記事は約2分で読めます。

以前から、投資本やネット記事などで、こうした機能が楽天証券に具備されていることは承知していましたが、試しに保有するアクティブファンドについて、以下の設定をしてみました。

■定期売却を設定したファンド
ファンド名:XXXXXXXXXXX
口座区分:特定
分配金コース:再投資型
売却方式:金額指定
設定値:50,000円
受取日:毎月20日

初回受取日は2024年3月19日です。

(説明とコメント)
・楽天証券の「定期売却」サービスは売却方式が3つ(金額指定・定率指定・期間指定)の中から選択可能です。この期間指定というのは、設定した最終受取年月までの売却回数で等分した口数を毎月売却するものです。
・私は今回上記の通り毎月5万円の金額指定で設定しました。完全になくなるまで、続けるかは未定です。なお、強調しておきますと、この売却する投信は私の数少ない保有アクティブファンドのうち「楽天証券」を通じて購入・保有するものです。
・将来(かなり先?)、資産形成してきた有価証券を今よりも「積極的」に売却して「使う」局面が来ると思いますが、その場合、当該サービスは重宝するでしょう。ただし、保有するインデックス投信を当該サービスを使って本格的に売却する前に、まず個別株の保有を極小してからになると思います。果たして、いつ頃になるでしょうか?

I hope you like it.

スポンサーリンク
投資活動
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。