これが、米国株の実力です。

7月は資産の増加ならず

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

7月はこれだけ果たしたいと思っていたのですが、断念無念です。

3月からの資産の増加は4ヵ月連続で途切れました。

日経マネー(2020年9月)にある通り、6月まで少しずつですが、資産を増加させていたのですが、7月は特に最終週になってから日本株が大きく下げました。

そして、日経の記事にある様に、7月はドルが軟調に推移したため、私のアセット・アロケーション上約7割を占める米国株の円換算額が目減りしたことが大きく響きました。(3円程度円高・ドル安進行)

(参考)7月のドル下落率、約10年ぶりの大きな 金は2000ドル到達(日経)

この結果、7月の金融資産は0.86%減少しました。

なお、米国個別株はモーニングスターで手管理していますが、年初来(YTD)で+4.95%(もちろんドルベース)となっています。

私の投資先は、上記の通り7割が米国株で、残り3割が日本株(どちらも少し投信を含む)ですが、先月は為替の要因が一番大きい月となりました。

短い記事ですが、これで終わりとします。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記