本を出版します!

FOLIOの「ROBO PRO」を10万円だけ始めてみた

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

当該サービスを本格的に利用して、資産運用するつもりはないのですが、FOLIOの「ROBO PRO」というAIによる予測技術を利用して期待リターンを算出し、積極的な利益の追求や損失の軽減を目指すロボアドバイザーサービスを始めてみました。

はい。ロボアドというものが一体全体どういうものなのか実際に「体感」してみようと思ったからです。

ですので、金額は最低限度の10万円です。

主に公共料金の支払いに備えて一定の残高があるメガバンクの預金からお金を持ってきました。(来年、税金の還付で回復されるでしょう)

スポンサーリンク

サービス開始約6か月半の成績

このサービスは2020年1月15日にスタートしたばかり。たまたま、私が口座を開いてからFOLIOから今日初めて受領したメールがこのサービスの内容や現在までの運用成績をまとめたものだったので、以下のnoteの記事をご覧ください。

<ROBO PRO 7月実績>公開から7月末までの実績は、対TOPIX比較で+約20%!

運用開始時点のポートフォリオ

10万円を送金後、今日初めてポートフォリオが組まれていました。

金(GLD)41.43%
米国株(VTI)30.07%
ハイイールド債(HYG)15.32%
新興国株(VWO)5.51%
現金(CASH)4.72%
米国債券(BND)2.40%
新興国債券(EMB)0.36%
米国リート(IYR)0.15%
先進国株(VEA)0.03%

何とゴールドに約4割も配分しています。

ちょっと、面白くなってきました。

なお、このサービスを読者に推奨するつもりは、全くありません。手数料も残高に対して1%かかります。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記