去年の年末に考えた投資アイデアを着実に実践開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 280

エントリー「来年に向けた投資アイデア ポートフォリオの分割」に基づき、具体的な投資を始めました。

骨子

      1. インデックス投資の割合を増やす。松井証券『投信工房』を活用
      2. 厳選された米国個別株ポートフォリオを維持
      3. 現在多く抱えるキャッシュ(ドル、円)は徐々に上記1と2に投入
      4. 売買は極力減らす(証券会社を儲けさせない)

今回始めたこと

松井証券『投信工房』で定めた「目標ポートフォリオ」のアセット・アロケーションに従い、「毎週」一定額のインデックス投資(積立)を行う。投資資金は現在保有するキャッシュ(昨年末時点では金融資産の約7割)を使い、一定期間積み立てる。

仮に500万円を投資する場合、毎週20万円×25回(半年とちょっと)の投資となる。

 資産クラス 銘柄名 比率 リターン  リスク 信託報酬
 国内株式 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド  14%  5.0%  18.9%  0.1944%
 先進国株式 たわらノーロード 先進国株式  19%  8.4%  20.9%  0.2430%
 新興国株式 三井住友・DC新興国株式インデックスファンド  9% 10.0%  26.7%  0.6048%
 国内債券 三井住友・日本債券インデックス・ファンド  8%  1.8%  1.8%  0.1728%
 先進国債券 SMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)  30%  2.0%  3.7%  0.5400%
 新興国債券 eMAXIS 新興国債券インデックス(為替ヘッジあり)  5%  3.7%  8.7%  0.6480%
 国内リート たわらノーロード 国内リート  5%  6.6%  21.3%  0.3240%
 海外リート たわらノーロード 先進国リート  5%  7.5%  23.1%  0.3780%
 コモディティ i-mizuhoゴールドインデックス  5%  3.5%  20.5%  0.6820%
 合計  100%  5.0%  11.0% 0.4053%

補足説明

・上記表のポートフォリオは、松井証券の『投信工房』では「やや積極的」なポートフォリオということですが、トータルの株式の比率が約4割で全体のリターンが5.0%、リスクが11.0%、債券も為替ヘッジ付きとなっており、私とすれば「やや消極的」(笑)と呼べるものです。このインデックスの部分は「保守的」に固めます。

・また、基本的な現在のマーケットに対する認識(特に株式)は、水準は既に「いい所まで来ている」なので、無理に突っ込んで投資する必要はないと考えています。

・アクティブ投資の部分については、一部は外部委託(アクティブファンドを活用:既往保有分を継続保有)する一方で、米国株個別株については、熟考しながら余剰資金を投入します。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。