ブログ更新:著名個人投資家2人が共通して重視する「ビジネスモデル」

トルコ株式ETFに続きゴールドのETFに資金投下

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

Stevebidmead / Pixabay

エルです。

先日、と言っても今月の話ですがトルコ株式に投資しました。

「火中の栗を拾う」羽目になるか?トルコ株式に投資しました。
現在、足元のマーケットでは、トルコリラの急落に端を発した「トルコ・ショック」の様相を呈しています。 参考:トルコリラ急落と新興国リスク(ロイター) トルコリラは、対ドルで年初来40%も下落、過去最安値を更新中です。 も...

方法は米国市場に上場する海外ETFを通じて。

第一投は20万円相当でしたが、その後2回に分けて追加投資し現在は時価で70万円程度の残高となっています。

今のところは火傷せずに済んでいますが、これは最初から短期投資と割り切っての投資(投機?)です。一見、危険に見える投資は実際はそれほどリスクが高くないというのが、これまで30年近く投資をしてきた経験からは言えます。

さて、今週はトルコ株式同様、市場からソッポを向かれていた金(ゴールド)に再度投資を開始しました。

実は昨年一時的にポートフォリオを保守的?に見直した際(参考:ポートフォリオを抜本的に見直した理由)、ゴールドへの投資を行っていました。

しかし、その後、そこまで守りを重視しなくても良いのではないかと判断し、再び米国株個別株に傾斜した経緯があります。

今回投資したのも、その時と同じiシェアーズ ゴールド・トラスト(IAU)です。

まずは、150万円程度の投資からスタートです。そろそろ、底打ちかな?と思いまして。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記