ブログ更新:著名個人投資家2人が共通して重視する「ビジネスモデル」

【米国株】ペプシコ(PEP)に新規投資

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

コカ・コーラと並ぶ清涼飲料メーカーとして有名な米国・ペプシコ社に新規投資しました。

当社の事業部門としては、<飲料部門>と<食品・スナック菓子部門>に大別されます。

スポンサーリンク

飲料部門

・ペプシコーラ
・ゲータレード
・トロピカーナ
・セブンアップ
・リプトン etc.
おなじみのブランド群ですね。

食品・スナック菓子部門

世界最大のスナック菓子メーカー・フリトレーを擁しています。
・レイズ(アメリカで一番売れているポテトチップス)
・ドリトス(トルティーヤチップスで全米No.1)
・クエーカーフーズ(シリアル部門) etc.
飲料に比べると、なじみがないですが、米国ではシェアの高い商品群をたくさん持っているようです。実は世界最大のスナック菓子会社という顔を持っています。
(参考)ペプシコ(PEP)ー ペプシコーラの会社というよりも世界最大のスナック菓子会社(アメリカ部)

 

私の好きな生活必需品セクターに属し、昨日時点の株価指標は以下のとおりとなっています。

・配当利回り 2.90%

・予想PER 22.58倍

・ベータ値 0.51

この銘柄も、低ベータの値動きがマイルドな株式となります。ちなみに、44年連続増配中の「配当貴族」です。

飲料部門のライバル会社のコカ・コーラとどちらに投資するか悩むところですが、近年の業績・株価のモメンタム等を考慮し、まずは当社に投資することとしました。

P.S.コカ・コーラにも投資を開始

【米国株】鉄板銘柄「コカ・コーラ」(KO)に一気に投資
私の中では、ジョンソン&ジョンソンが米国株の「鉄板」ですが、世間一般では「コカ・コーラ」の方がより評価が高いでしょうか。あのウォーレン・バフェットの代表的な投資先であるということもありますし。でも、実は初めてこの企業に投資しました。

I hope you like it.

配当貴族への投資なら、こちらの投信に注目

SMT 米国株配当貴族インデックスオープン に注目
Twitterで知りました。 (情報提供元) ・日米の配当貴族インデックスファンドが登場(海舟の中で資産設計を ver2.0) ・【連続増配】SMT 日本株配当貴族インデックス・オープンが運用開始するという朗報(一方通行投...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記