Financial Academyで初めて講師を務めます。

米国株ポートフォリオを3つの観点から「格付」

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

私は5月末時点でETF含めて41銘柄の米国株に投資しています。拙著『英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】 米国株投資で1億円』の中で「エル流 米国株選び6つのポイント」をお示ししていますが、この考え方を3つに集約して、この観点からETF除く投資先を大胆に「格付」してみました。

スポンサーリンク

3つの観点

<製品・サービスを利用>
まず、私が米国株に限らず、広く一般の投資家にとっても有効・有用だと考えるのが、投資先の企業の製品やサービスを自分で利用しているかどうかという事

もし、自分で使っていたら、投資家以前に「消費者」の視点からその企業を評価できるからです。表に表した通り、必ずしも自分で利用している先ばかりではありませんが、この視点はとても大事だと考えています。

なお、評価は3段階で「当てはまり度合い」の強い順番に上からABCとなっています。(以下同じ)

<ポピュラーで情報が入手しやすい>
そして、上記「製品・サービスを利用」していることと並んで、投資を長くストレスなく継続していく上で重要だと考えるのが、情報の入手のしやすさです。

やはり、外国の企業に投資する以上、日本企業と全く同じ土俵で情報が手に入るわけではないからです。それでも、アマゾンやアップルなどは毎日の様にメディアで取り上げられ企業情報の入手は容易です。

<ビジネスが強固>
3点目はエルの独断と偏見で付けた評価です。業種、営業利益率、キャッシュフローの状況、当該企業が置かれた競争環境、外部格付等の様々な項目を踏まえて、私が「えいや」と総合的に判定したものです。

企業の成長ステージも様々ですし、この評価は今後変化し得ると思いますが、あくまで現時点での「暫定的」なものと捉えてください。

格付結果

Name製品・サービスを利用ポピュラーで情報が入手しやすいビジネスが強固
アマゾン・ドット・コムAAA
マイクロソフトAAA
アップルAAA
ダナハーCBA
ユナイテッドヘルス・グループCBA
ホームデポCBA
ビザAAA
ユニオン・パシフィックCBA
ナイキBAA
マコーミックCBA
ロッキード・マーチンCBA
コストコCAA
チャーチ・アンド・ドワイトCCA
スリーエムBAA
シャーウィン・ウイリアムズCCA
アッヴィCBB
フィリップ・モリスCAA
アルトリア・グループCAB
アドビBAA
エヌビディアCAA
S&PグローバルBCA
ジョンソン・エンド・ジョンソンBAA
エッツィーCCA
ペプシコBAA
ウォルマートCAA
ネットフリックスAAB
プロクター・アンド・ギャンブルBAA
ブリストル・マイヤーズスクイブCCA
ペイパルBAB
インテルBAB
ウォルト・ディズニーBAB
ショピファイCCB
ボーイングBAB
セールスフォース・ドット・コムCAA
マクドナルドBAB
アボット・ラボラトリーズCBA
スターバックスBAB
マスターカードAAA
テスラCAB

<コメント>
・結果を見ると全ての項目で「トリプルA」となったのは、アマゾン、マイクロソフト、アップル、ビザ、マスターカードの5社のみとなりました。
・そして、基本的にビジネス・収益の基盤が強固で、将来の見通しの良い企業に私は投資しているので、3つ目の項目の評価が総じて良好になっています。
・上記はあくまで私の考えであり、皆さんの評価とは違ってもおかしくはありませんが、読者の投資先について同様の評価をしてみると、何か示唆が得られるかもしれません。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産内容
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記