米国株ポートフォリオを更新

2021年は「8勝4敗」

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

2021年が終わりました。

そこで、今年の私の総資産(注記参照)の増加状況を月次で確認しました。

増加率(%)備考
1月-0.2
2月+1.7
3月+4.8
4月+1.3
5月-0.5
6月+3.5
7月+0.0
8月+2.0
9月-1.4
10月+4.8
11月-0.2
12月+2.0年初来+19.0%

こちらの表は2020年末から月次で資産の増加状況を確認したものです。ご覧の通り、12月まで8つの月において前月よりも資産が増えました。また、下落した月も比較的減少率は低く、今年は年間を通して比較的マイルドな資産評価額の変動となりました。なお、日次ベースの資産のピークは11/22で年初来20%以上の増加を一時記録。

ちなみに、家族4名の毎月の生活費や旅行代などを支出した後の数字
(参考)【2021年】我が家の家計はスリムになったの、それとも太ったの?

(注記)
総資産=金融資産(運用資産+預金)+不動産(自宅:ローンなし)
iDeCoは含み、公的年金は含まず

なお、4月に自宅の住み替えを行い、不動産の金額が減り、その分金融資産の評価が増えているため、総資産ベースで比較をした。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記