ブログ更新:著名個人投資家2人が共通して重視する「ビジネスモデル」

さようならIBM:全株式売却

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

昨日の夜、米国株ポートフォリオの中では下から2番目の低いウエイトで保有継続していたIBM株式を全て売却しました。

スポンサーリンク

取引経緯

・IBMの株式に初めて投資したのは2016年5月。それから、業績が冴えない中売り買いを交えながら、一定額投資してきました。
・今回の売却に伴う損益はほとんど「チャラ」ですが、累計では約95万円のキャピタル・ゲイン。そして、別途約15万円の配当を獲得しており、トータルでは100万円以上の利益でした。

判断

・今回、売却に至った判断としては、直近の今期第一四半期の決算が、相変わらずパッとしなかったこと、そして、資金効率(要は他に投資した方が、よりお金を有利に活かせる)を勘案し判断したものです。
・前期(通期)は2011年以来初めて、年間ベースで増収となり、利益見通し等が市場予想を上回る好決算で「期待」していたのですが、今回再び市場の期待を裏切る決算を出したため、売却(@141.69ドル)しました。

売却資金の使い途

・売却で得られた資金は、既往のポートフォリオの他の銘柄に分散して振り向けました。購入したのは、スリーエム、アマゾン、アップルです。

(参考)

「擬似インサイダー」のバフェットと個人投資家
「理解できないものには投資しない」との理由で長らくハイテク分野に投資していなかったウォーレン・バフェットが、2011年7~9月期にIBM株への投資を始め話題をさらいました。 それから、数年経った今月。同社株式をバフェットが運営するバー...

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記