ダメ、だめ、ダメな2016年の資産運用

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

資産運用に関しては、冴えない1年でした。

近年稀に見ると言っても良いでしょう。

良いことだけでなく、都合の悪い、恥ずかしいことも自分のために記録し、来年に臨みたいと考えています。

運用成績が悪かった

今年は、思惑とは裏目裏目に動いた1年でした。

年内はもうキャピタルゲイン・ロスの実現はないと思うので、2016年の実現損益の実績を記すと以下の通り。

・楽天証券 +181,411円(投信の損失を後半の米国個別株で回復)
・SBI証券  ▼535,157円(うちファーストリテイリングが133万円のマイナス)
・SBI証券(NISA)+235,100円
・セゾン投信 ▼173,151円(他の運用とアセットクラスが重複するため全部売却)

NISAを含めても、約29万円のロスとなりました。(もっとも、運用資産の金額に対しては微々たるものですが)
ただし、配当金(税引き後)を受領していますので、実質的な損失はごく僅かです。

売買が多すぎた

具体的な売買件数は、さすがにお恥ずかし過ぎて開示できないのですが、国内籍の投信や個別株から米国個別株・海外ETFへスイッチしたことに加え、米国個別株の売買が非常に多くなりました。結果的には証券会社を儲けさせただけでした。

来年は、今年の成績を謙虚に受け止め、運用成績の向上を図るとともに、プロセスの面でも改善したいと切に考えています。

I hope you like it.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。