【米国株】なぜかPMの配当金が2つに分かれて配当された。

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

世界最大のタバコ製造会社であるフィリップ・モリス(PM)から嬉しい配当の連絡がありました。

受渡日銘柄数量単価配当(税引前)受取金額(税引後)
2017/7/24PM2801.0192285.38ドル227.42ドル
2017/7/24PM2800.02085.82ドル4.20ドル

受取は現地通貨の米国ドルですが、現在の為替レート(1ドル112円)で換算すると日本円で26000円ほどになります。(四半期毎に配当)

前回配当(参考リンク)では、税引後154.33ドルでしたので、77.29ドル増額となっています。

理由は保有額が増えたことによるもの。前回時点では190株保有でしたが、今回は280株保有に大きく増えているためです。

なお、今回の配当単価は1株当たり1.040ドル(前回1.0192ドル)と2%増配となっていますが、内訳は2本に分かれていました。

他のブログでは1本でまとめて1.040ドルと書かれているのに、私の受領する配当金は上記表にある通り2本に分かれていました。

なんでなんでしょうね?

追記)

ツイッター経由で教えていただいたところによれば、PMは基本米国外の事業を行なっている会社ですが、ごく僅かにアメリカ国内部門があり、この分は米国で源泉徴収されており、外国税額控除の対象となるとのことです。(この認識も正しい確証はありません)

そもそも、米国で源泉徴収されており、これの(一部)を取り戻す外国税額控除の段取りを取らないと(取ることは義務ではありません)、税引後のトータルリターンの最大化が図れないのが米国株投資の難点ですが、PMの場合はその手間が少ないということですね。

I hope you like it.

(ご報告)新ブログ名は【L】米国株投資実践日記
2007年12月以来、「レバレッジ投資実践日記」の名前で運営してきましたが、名前と実態の乖離が当初より大きく、ブログタイトルの変更を何度もこ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。