ブログ更新:米国株ブログなのに米国株に関して投稿が減った理由

【米国株】投資候補先リスト

この記事は約2分で読めます。

弊ブログの管理人エルは、これまで「15銘柄の米国株ポートフォリオ」(ただし、ユニリーバ除く)をまだそれほど長くはないですが、ブログでアピールしてきました。

しかし、債券等株式以外のアセットクラスへの投資拡大等分散投資(含む投資手法)に舵を再び切ったことを契機として、個別株をほぼ万遍なく(一部)売却せざるを得ませんでした。

本来、米国個別株に投資する絶対金額を減らすのであれば、投資銘柄数は減らすのが自然の流れですが、素晴らしい米国企業の株主であることの喜びを味合う気持ちはいささかも薄れていないことから、むしろ、より多くの企業の株主になりたいと感じる様になりました。

このため、現在の保有株に加え、売却してしまった銘柄や未投資先も含め、ポートフォリオを構築する際の「候補」(母集団)を選定しましたので、以下の通り発表します。

  1. アマゾン・ドット・コム(AMZN)
  2. ビザ(V)
  3. ジョンソン&ジョンソン(JNJ)
  4. スターバックス(SBUX)
  5. バークシャー・ハサウェイ(BRK.B)
  6. フェイスブック(FB)
  7. 3M(MMM)
  8. ユニリーバ(UL)
  9. ロッキード・マーチン(LMT)
  10. アルトリア・グループ(MO)
  11. ホーム・デポ(HD)
  12. フィリップ・モリス(PM)
  13. エクソン・モービル(XOM)
  14. ペプシコ(PEP)
  15. アルファベット(GOOGL)
  16. コストコ(COST)
  17. コルゲート・パルモリーブ(CL)
  18. シスコシステムズ(CSCO)
  19. コカ・コーラ(KO)
  20. ウォルト・ディズニー(DIS)
  21. ブラックロック(BLK)
  22. ウォルマート(WMT)

他にも、次から次へと名前を挙げることはできますが、まぁ、このあたりからピックアップして複数の企業に分散投資すれば、そんなに酷いことにはならない気がします。

でも、GEの事例もあるので、投資に際しては、しっかりとご自身で研究の上、自己責任で投資をお願いいたします。

I hope you like it.

追記)
最新のポートフォリオは以下の様になっています。

米国株ポートフォリオ(2019/7/12現在)
最新の米国株ポートフォリオです。(As of 7/12/2019)  銘柄名 ticker    比重 アマゾン・ドット・コム AMZN      21.22% ビザ V      17.51%...
投資活動
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記