連日、金融資産が何十万円も時価変動していますが、持ち堪えています。

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

【L】レバレッジ投資実践日記の管理人エルです。

弊ブログはブログタイトルにもあるように、個人投資家の投資の実践状況を綴っています。ブログをご覧になる皆さんの参考になるかどうかは定かではありませんが、実は自分自身が後で振り返った際、「あの時、こんな風に行動していたんだ・・・」と意外な発見があったりします。(楽しめます)

2016年に入り、かなり振幅の激しいマーケットの状況ですが、私のポートフォリオも結構「派手に」動いています。

今日の日経平均は突然前日比+941.27円、率にして+5.88%も暴騰しました。後講釈はいくらでも出来ますが、実際のところ何が原因かは?です。前日の大幅な下落もなぞですが。

私の資産運用は昨年から無リスク資産(個人向け国債)を多く(金融資産の約4〜5割)確保したうえで、リスク資産については基本株式で太宗を運用しています。

このため、リスク資産の部分については最近の内外の株式の大きな変動の影響を「もろに」受けています。特に、保有する個別株(日本株)のひとつであるファーストリテイリング(9983)が毎日上下に大きく変動を繰り返しながら、下向きに動いています。

一昨日の段階で、当該「1銘柄」だけで昨年末比時価が約80万円も減少していました。しかし、「もういい加減に勘弁してくれ!」と叫びたかった今日は日経平均の上昇以上に暴騰(+8.12%)し、今日だけで損失は約28万円改善(他の2銘柄は含み益あり)しました。

こんな風に、大きく変動する時価にも、動じずに持ち堪えていられるのも、リーマンショック等過去の経験があることや、無リスク資産をちゃんと確保していることの効用がありそうです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。