ブログ更新:お金は求めだすとキリがない。その通りだ。

『マイナス金利』が2016年3月はピカイチ

この記事は約1分で読めます。

エルです。

年度末の3月は風邪をひいたり、少し体調をこわした月でした。体の具合が悪くなると「健康」であることの有り難みを本当に感じますね。

さて、毎月恒例の良かった本のご紹介のコーナーです。

3月は10冊読了(引続き、少なめの読書量です)。

まず、最初は若い人を中心としたビジネスマンにぴったりの本です。当初、若い部下の指導用に読んでみましたが、私自身にとっても参考になりました。

次は少し変わった本。資産運用を個人としてではなく、資産管理会社(「合同会社」形態)の器を使って、税制等のメリットを享受しながら行うというもの。そんな事を少しは考えている人は読むといいかも。

東条雅彦氏『バフェット流投資会社で富を築く資産防衛の真実』

3冊目、これが、当月の「ピカイチ」です。今、日銀による「マイナス金利」政策の及ぼす影響について学びたいなら、真っ先に読むべき書。おそらく、金融機関に勤めている方にとっても読み応えあると思います。

I hope you like it.

推奨書籍
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記