ブログ更新:著名個人投資家2人が共通して重視する「ビジネスモデル」

2019年はこれまでの資産運用の総仕上げそしてスタートの年となる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

mohamed_hassan / Pixabay

去年(2018年)の9月末時点から、ほったらかしだった米国株ポートフォリオ

ようやく最新の数値にしました。

米国株ポートフォリオ(2019/7/12現在)
最新の米国株ポートフォリオです。(As of 7/12/2019)  銘柄名 ticker    比重 アマゾン・ドット・コム AMZN      21.22% ビザ V      17.51%...

これまでの投稿で明らかにしている通り、タバコ銘柄が上位に占める他、ロイヤル・ダッチ・シェル、AT&T、アッヴィ、アイビーエムといった「高配当株」がずらっと並んでいます。(追記:その後変動あり。以下コメントも同様)

その一方で、今をときめく米国株の代表選手であるアマゾン・ドット・コム、アップル、ビザ、マイクロソフトもしっかりと組入。上位に名前は出てこないですが、負け組扱いのfacebookにも少額ですが投資しています。

そして、特徴的なのは最上位にETFを持ってきたこと

昨年後半に、タバコ株に集中し過ぎて「火傷」をしたことの反省で、ポートフォリオを一定程度分散させたかったこと、なおかつ高い配当利回りも維持することを企図しています。(足元では、このETFの配当利回りは5%近いです)

スポンサーリンク

2019年は極めて重要な年

・エルにとって、2019年は大変重要な年となります。それは、まだ大々的には表明していませんが、仕事・生活が大きく変化するからです。
・端的に言うと、安定収入が「激減」することになります。一方で、大きな額の「一時所得」が近く入金されます。ここまで書けば、これが何を意味しているかはお分かりでしょうが、昨年の終わり頃からは、この大きな変化を前提としてポートフォリオの組み替えを行なってきた次第です。そういう意味では、まだ途上であり、これから入ってくる大きなお金の割り振りは、慎重に行う必要があると考えています。
・私がほぼ社会人になって以来、実践してきた資産運用の総括を行いつつも、未体験ゾーンに足を踏み出す年になる。この1年のスタートが上手くいきますように。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記