ブログ更新:日経新聞の投信コラムに掲載されました。

最新の全体ポートフォリオの一部を「チラリ」と開示

エルです。

私、このブログでのポートフォリオの開示は、米国株だけだったり、日本株だったり、いつも「一部」の開示としています。

これは、投資ブログと銘打つ限りは、やはり投資活動の具体例の一端をある程度お示ししないことには、読者の方も面白くないでしょうし、イメージも掴めないと思うのと、一方で「全て」を晒すのは抵抗感があるので、妥協の産物です。

また、開示する時点を微妙にずらして、「分かりそうで分からない」状況に敢えてしています。

今回は「珍しく」全てのアセットクラスの上位10銘柄を開示します。あくまで、本投稿時点で、来週にはころっと変わっているかもしれません(笑)

エルのポートフォリオ(2019/3/1)

1.アルトリア・グループ(米国)
2.ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(英国)
3.ファーストリテイリング(日本)
4.バークシャー・ハサウェイ(米国)
5.東京海上HD(日本)
6.オリックス(日本)
7.日本たばこ(日本)
8.任天堂(日本)
9.三菱商事(日本)
10.アマゾン・ドット・コム(日本)

簡単な説明

・基本的には、資産成長の追求よりも安定感あるポートフォリオへの切り替えを志向
・でも、元来の性格は簡単には変わるはずもなく、ボラタイルな銘柄も多数保有しています。
・この下には、数十銘柄の日本株、少数の米国株(マイクロソフト、ビザ、コカ・コーラ、シスコシステムズ等)、中国株、シンガポール株(DBS)、J-REIT、インフラファンドがあります。
・比率を開示すると、全財産が分かってしまうので、非開示(ごめんなさい)

(追記)
・珍しくコメントで「ぜんぜん開示してないやん!」とお叱りのコメントを受けたので、タイトルに「一部」の文言を挿入

I hope you like it.

コメント