2021年のまとめ記事

2022年の一般NISA枠(120万円)は全額このファンドに投資

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

2021年もいよいよ数時間で終わりです。

個別株の取引については、既に年内の取引は終えていますが、最後に投資したのは投資信託でした。

スポンサーリンク

やっぱり米国株

私の投資は、米国株(個別株)にかなりのウエイトを割いています。

こうした中で、年末に投資したのが

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。既に利用可能だった一般NISAの枠を早速利用しました。

米国株の主要な指数であるS&P500への連動を目指すファンドです。

保有コストは年率0.0968%(税抜 年率0.0880%)以内と極めて低く、また、純資産総額も8,000億円を超えており、今後の長期対象として懸念がありません。

米国株インデックス投資の状況

現在、私はiDeCoでは楽天・全米株式インデックス・ファンドに投資しています。

また、米国株投資の第4の選択肢に書いた通り、少額ですが国内ETFを通じて、やはりS&P500連動の投資成果を目指す商品に投資をしています。

今回のeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)も含めて300百万円程度のインデックス投資ですが、今後、私が高齢化していくにつれて、徐々にインデックス投資を増やしていく

そんな未来も、ある程度頭の中にはあります。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記