ブログ更新:海外「タバコ三銃士」について再点検(2019/9/13時点)

さようならバフェット:バークシャー・ハサウェイ株式を全売却

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

昨日、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ(BRK.B)の株式を全て売却しました。

スポンサーリンク

売却単価

・217.42ドルおよび217.577ドル

売却理由

経緯

・バークシャー・ハサウェイは、著名投資家ウォーレン・バフェットが会長兼CEOを務める世界最大の投資会社。収入の中心は保険ですが、鉄道や電力・エネルギー関連など幅広い事業ポートフォリオを持つ。
・投資事業は銘柄を厳選。従来、コカ・コーラなど成熟した企業への投資が主体であったが、運用資産・余裕資金の規模が増大するにつれて、投資先が変容。近年では、アップルへの大型投資で注目を集めていた。今回、バフェット自身の判断ではないものの、アマゾン・ドット・コム(AMZN)への投資が初めて明らかになったことから、バークシャーへの投資を取り止めたもの。

Bloomberg

なぜ、売却したのか?

・かつて、ウォーレン・バフェットと言えばバークシャー・ハサウェイであり、バークシャーと言えばバフェットでした。もちろん、今でも基本的に世間ではそう捉えられています。今回もアマゾンへの投資(前回のアップルへの投資も)の主たる判断がバフェットでないにも関わらず「バフェットがアマゾンについに投資」の様なニュースが流れていました。
・でも、今回のアマゾンの件で改めて、バークシャーの投資事業の主体がバフェットから後継者へ実質的な移行が進んでいることを強く認識しました。高齢(88歳)のバフェット(副会長のチャーリー・マンガーは95歳!)ですから、ある意味それが当然ですね。
・バフェットのバークシャーを通じた投資成績が、数十年もの長きにおいて抜群の実績を残していることは有名ですが、私が先日の投稿で確認した様に最近の調子は相対的に冴えない状態です。

やっぱり凄い 米国株の株価上昇率(2009/1〜2019/3)
以前、「主要米国株の株価上昇率を調べてみたら」という記事を書いたことがあります。 保有株式も変わっているので、改めて現在保有する株式およびその他主要株式(※)の株価上昇率を調べてみたので、ご覧ください。 計測に使ったツール:Back...

・私がこの様に必ずしも運用パフォーマンスの面では特別魅力的でなくなった今でも、バークシャーに投資していた理由は、私が投資する株式の性質とは異なる値動きをする傾向がある(=分散投資の観点)ことでした。アマゾンへの投資額は本投稿時点では明らかにされてませんが、相当額にのぼると推測されます。そして、この調子なら、いずれマイクロソフトへの投資も開始されておかしくありません。そうなれば、アマゾン、アップル、マイクロソフトと全て私の既往ポートフォリオの投資先と完全に重複します。

・以上の通り、バフェットが引退・死去し名実と共にバークシャーに関わらなくなる前に一足早く決断しました。

その他

・なお、バークシャーは「無配当」であることが、「高配当」株式とは別の意味で魅力的(常に有利な先で運用してくれているという意味で)でした。
・また、ポートフォリオのシンプル化を考えた時の「究極のスタイル」として「バークシャーにのみ投資する」があります。資金ニーズが出た都度、バークシャーを売却して賄うというものです。今はこのアイデアは採用されませんが、将来のバークシャーのパフォーマンス如何によっては採用されることも無きにしも非ずです。

I hope you like it.

(参考)バフェットの推薦書籍です。

【必読】投資で一番大切な20の教え ハワード・マークス
世界一の投資家として知られるウォーレン・バフェットが、「極めて稀に見る、実益のある本」と絶賛。彼が本書を大量購入し、経営するバークシャー・ハサウェイの株主総会で配布したと知り「即買い」しました。 原著は『THE MOST IMPORT...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記