セミリタイアの準備・実施に関する記事(まとめ)

【資産残高】一気に過去最高回復するか、それとも反落するか

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

エルです。

3月に「2020年末に資産評価額が元に戻れば御の字か」という投稿をしました。

新型コロナウイルスの出現を受けて、評価額が大幅に減少した資産が年末に元の水準(2019年末)に戻れば「御の字」という内容でした。

幸いなことに、いろいろ悪戦苦闘した甲斐もあって順調に回復しているところです。

新型コロナウイルス影響下の資産運用を総括(前半バージョン)
ゴールデン・ウィークで日本の株式市場もお休みですが、ここで、新型コロナウイルスで大きく揺れたマーケットと私の資産運用を振り返ってみます。 新型コロナウイルスの影響は、これからも続くので、一旦「前半バージョン」としておきます。 主要株...

私は「純資産」の推移を毎日チェック(参考:配当金を資産運用のKPIにしない。)しているのですが、昨日5/11時点では過去と比較しても「十分良い水準」まで回復していることが確認できました。

退職した2019年1月末以降の各月末と現在の純資産を比較して、現在の方が多ければ「勝ち」、少なければ「負け」マークをつけると以下の通りです。

比較対象月勝ち負け備考
2020年4月勝ち
2020年3月勝ち
2020年2月勝ち
2020年1月負け
2019年12月負け月末ベースで資産が過去最高
2019年11月負け
2019年10月勝ち
2019年9月勝ち
2019年8月勝ち
2019年7月勝ち
2019年6月勝ち
2019年5月勝ち
2019年4月負け
2019年3月勝ち
2019年2月勝ち
2019年1月勝ち

ご覧の通り、マイ・ポートフォリオが過去最高の評価額だった昨年12月及び前後の月を除けば、退職した2019年を通して今よりも資産が多かったのは4月しかなかったようです。

さて、この調子で月内にも過去最高を更新するのか。それとも、再び、アノマリー通り「セル・イン・メイ」となって、その願いがあっけなく絶たれるのか。

その行方が楽しみです。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記